コロニアル屋根葺 外壁塗り替えリフォーム工事<足利市八幡>

施工例一覧(屋根リフォーム)

施工のポイント

築34年、外部全体のリフォーム時期です。コロニアル屋根には雨水の浸食でえぐれた部分あり、外壁モルタル吹きつけ塗装には所々ひびが目立ち塗装は塗り替え時期でした。既存住宅ですから軽量屋根材+ひび割れに追従する弾性塗料に決定

お客様の喜びの声

天井でポタポタと音がした時はびっくりでした。よく見るとシミの跡が以前より 漏っている模様でカビも・・・今回は屋根と外壁をリフォームしてもらい全体的に明るく綺麗になり良かったです。

物件スペック

地域名 栃木県足利市
築年数 34年
34年経つ厚さ6mmのコロニアル屋根は雨水の
浸食により穴があくまでになっていました。

下地合板張り・・・翌朝、霜がなかなか解けず待機

これで安心  色合いもピッタシのアイリッシュグリーン


べニアに塗装を施した軒天井は当時は一般的です。

ケイカル板貼り+塗装仕上げ 防火性向上  

ケイカル板の穴あき(有孔板)を使い小屋裏の換気を
(ちょっと見えませんね穴が)





足場が取れて完了です。

セラミックシリコン弾性塗料、
マスチックローラー(下地が厚い)